企業情報

ニスコの使命

 ニスコは、1984年の創業以来人間の『目』に代わって、見えない部分をより効果的により鮮明に観察できる機器を提供してきました。
 医療分野では、より鮮明な2つのレーザー光で病変部の視認性を向上させたフジフイルム製消化器内視鏡システムの販売、ならびに、内視鏡にテレビカメラを接続し、小さな穴を数ヶ所開けて手術を行う内視鏡下手術用カメラの製造販売を通して、病変の早期発見・早期治療に貢献し、クオリティー・オブ・ライフの向上に努めて参ります。
 一般の産業分野でも、原子力発電所のメンテナンス、航空機エンジンの非破壊検査、ビルや家屋のメンテナンス、配管検査、生産ラインでの機械設備の監視、産業用ロボットの視覚機能、人間の社会生活基盤を支える為には無くてはならない様々な現場で、ニスコの画像技術は活躍しています。特に高温、放射線、極めて狭い空間などの人間の『目』はもちろん、従来のカメラが設置・活動できないような過酷な条件下でも、常に必要な画像情報を提供して参ります。
 このようにニスコは、人間の健康・生命と生活を守る様々な場面で画像を通して社会に貢献して参ります。

概要&沿革

社名ニスコ株式会社
役員
代表取締役社長
川﨑 隆志
取締役テクニカルセンター長
佐藤 満
本社所在地東京都文京区本駒込6丁目10番5号
資本金1,000万円
設立1984年6月6日
1984年6月
設立
1984年7月
最初の医療用1CCDカメラ開発
1987年10月
NTC(旧山梨工場)開設
1988年12月
モニターとVTR一体型医療用CCDカメラ開発
1989年7月
ドイツ製関節鏡を日本市場に導入
1990年4月
ドイツ製ラパロスコープを日本市場に導入
1991年11月
ドイツ製耳鼻咽喉科用硬性鏡を日本市場に導入
1994年4月
北関東営業所開設
フジノン社製消化器用内視鏡の東京都と埼玉県の販売権獲得
1994年5月
熱交換パイプ外観検査用直視/側視一体型7mmøカメラ開発
1995年7月
原子力発電所用溶接作業監視カメラ開発
1997年10月
大阪営業所開設
1998年1月
フジノン社製消化器用内視鏡の近畿エリアの販売権獲得
2001年10月
直視/側視一体型水中カメラ(水深100m対応)開発
2002年3月
原子力発電所炉底部検査用8mmø防水カメラ開発
2002年6月
フジノン社製耳鼻咽喉用電子スコープの国内総販売件獲得
2002年8月
ISO 9001:2000認証取得
2003年4月
リモートフォーカス付14mmø防水カメラ開発
2003年8月
医療用泌尿器科前立腺切除術用カメラ開発
2006年8月
ISO 14001:2004認証取得
2007年3月
耐放射線用カメラ開発
2008年10月
東京都文京区へ本社移転
2010年10月
神奈川営業所開設
2012年4月
佐野営業所開設
2013年4月
神戸営業所開設
2014年11月
近赤外分光式オキシモニター開発・認証取得
2016年4月
ISO 13485:2003 認証取得